奥井海生堂

北前船交易の敦賀港に荷揚げされ 世界の料理人の支持を集める昆布

hp奥井海生堂1

【メイン】
『金ヶ崎宮』のお膝元に位置する本社工場店舗。シンボルともなっている『九曜紋』の暖簾が、訪れる人を温かく迎える。

【中段左】
産地や等級によって選別され、大切に寝かされる昆布。

【中段左中】
むしろに包まれ、適切な温度・湿度で保管されたものが、最上級品の『蔵囲昆布』となる。

【中段右中】
常に料理の下支えとなる=色彩の変化のない『昆布』。「せめてラッピングで季節を感じ、楽しんでいただきたい」と、奥井専務自らがデザインする大人気の和紙箱と包装紙はすべて越前和紙のもみ紙を使用するなど工夫を凝らしている。柄行は季節に合わせ、数十種類を毎年創り続けている。

【中段右】
平成26年3月にオープンした東京日本橋『コレド室町店』。“昆布文化”の発信を兼ねる店舗は常に賑わっている。

【下段左】
昆布の老舗ならではの深い味わいは感動もの!美しい艶も、昆布を知り尽くしているからこそ引き出せる。

【下段左中】
氣比神宮前のメインストリートにある『神楽本店』。昆布製品のほか、『黒龍』限定品の取り扱いも!

URLhttps://www.konbu.co.jp/
住所敦賀市神楽町1-4-10
TEL0770-22-0385
営業日平日9:00~18:00
日・祝9:00~17:00
休業情報年末年始
その他金ヶ崎本社工場、COREDO室町店、西武池袋店
おすすめ