イベント

第2回目のありえない特別な20周年感謝企画。 ショップのディスプレイとして購入したもの、廃盤品、 サンプル品、今では手に入らない貴重なデットストック、 プロダクトデザイナーのモックアップ、 さらにミュージシャンやアーティ […]

時代の流れとともに変化した素材や、 様々な文化の中で刻まれた時間を経て 現在に至る過程を想像し、 そのプロダクトに出会えた一期一会を楽しむ。 今回はそんな後世に残したいデザイン製品を展示・販売する。 世界各国の多種多様な […]

納富介次郎は、金沢工業学校をはじめ、全国に工芸学校、 工業学校を設立した教育者。 我が国近代の美術工教育における功績は大変大きく、 納富の没後100年を記念し、石川の工芸教育を顧みる。 ■時/11月23日(金・祝)~12 […]

平成29年度の石川県文化財保存修復工房の修復実績の中から、 指定文化財を中心に修復箇所や方法の説明を交えて展示。 ■時/11月23日(金・祝)~12月24日(月・祝) 9:30~18:00(入館は~17:30) ■場/石 […]

洋画家・中川一政、中村研一、硲伊之助、吉田冨士夫らが 絵付けしたやきもの計20点に加え、 初代と二代の德田八十吉や二代松本佐吉ら、 石川を代表する陶芸作家の作品6点をご覧あれ。 ■時/10月18日(木)~11月19日(月 […]

近現代の絵画部門からは、深まりゆく秋を感じさせる作品を、 また彫刻部門からは没後20年を迎えた坂坦道の所蔵品全10点を通し、 ユーモアと哀愁漂う世界を紹介。 ■時/10月18日(木)~11月19日(月)9:30~18:0 […]

国宝『剣 銘吉光』をはじめ、寺社が所蔵する文化財や 石川県に伝わる優れた文化財の数々を展示。 ■時/10月18日(木)~11月19日(月)9:30~18:00(入館は~17:30) ■場/石川県立美術館(金沢市出羽町2- […]

越前和紙の職人達が平安時代の『打雲』や『飛雲』、 『羅紋』の復元に挑戦。現代日本を代表する五人の かな作家が越前の装飾料紙に生命を吹き込み、 新しい“かなの美”が出現する。 合わせて、装飾料紙の古典ともいえる作品や、 越 […]

今回は松旭斎天一や芳賀矢一、岡倉天心などを取り上げて、 19世紀後半から20世紀はじめの欧米社会のようす、なかでも 『万国博覧会』や『ジャポニスム』と呼ばれた 『日本趣味』の文化現象にスポットをあてる。 夏目漱石がふくい […]