ID)) { return $post_id; } //ユーザーが編集権限を持っていない場合は何もしない。 if ( $_POST['post_type'] == 'spot' || $_POST['post_type'] == 'fukuraku_no_kai' ){ //'works' 投稿タイプの場合のみ実行 _log('fkrk_google_address_save():save'); //「material, photo」の入力フィールドに入力された情報を保存&更新するように指定 update_post_meta($post->ID, 'latlng', $_POST['latlng']); } } add_action('save_post', 'fkrk_google_address_save'); 『さしがね』を広めた聖徳太子 | 福楽

『さしがね』を広めた聖徳太子

taishido

驚天動地…というより、天に驚かされ、地上の数多が動揺したこのたびの豪雪。
完全に、とはいかないまでも、日常を取り戻せたところで、『福楽』スタッフ日記を再開します。

春号の特集は『越前市』。
まちなかで写真を撮った12月下旬は、既に一度雪が積もった後でした。
写真は、平和町にある『聖徳太子堂』。
飛鳥時代のスーパースター聖徳太子は、大工さんが使う『さしがね』を中国から取り入れ、
日本に広めた人でもあった…ということで、昔も今も建築関係者の信仰を集めています。
宝形造(ほうぎょうづくり)という正方形のお堂は、江戸時代後期のもので、国の登録有形文化財。
武生のまち中を訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてください(^^)v

おすすめ